~  Spiritual  Topic  ~

管理人が、3度めに喉を痛めた時、耳鼻科の先生からは、

「もぅ治らないとは言わないけれど、元に戻るとも言えない。」

「色々薬を試してるけど状態が変わらないもんねぇ・・・」と言われました。

医学的な治療では治すのは困難かもしれないと、

子供の頃から霊的な事に抵抗がなかった管理人は、霊的な方法を探り始めたのです。

知人から偶々知った、神奈川県鎌倉市に在る場所に赴き、患部の状態は回復しました。

しかし直ぐに元通りに歌声が出る様になった訳ではなく、地道な練習が再開するのですが・・・。

等々、スピリチュアルな話題が好きな管理人がこちらに綴ります。

まずは基本中の基本?はこれ

こちらは管理人の地元の八幡神社の画像です。

スピリチュアルでは結構定説の様なのですが、日頃から護ってもらうには、開運を願うには、

まずは自宅最寄りの神社へ定期的にお参りして、地元の神社とのご縁を付ける事が大事らしいです。

ここはそれこそ歴史こそ古いですが、お正月以外は滅多に参拝者が居ない様な、とても小さな静かな神社です。

しかし、管理人はここを訪れないと、どうにも落ち着かないのです。地元の小さな小さな神社ですが。

ちなみに、朔日(ついたち)参りという言葉が在りまして、それから、15日参りという言葉も在ります。

毎月の1日に、お参りする昔から在る習慣です。

そして、行く人は、毎月の15日にもお参りする人はよく見掛けます。

ちなみに管理人は毎月の、出来る限り1日に参拝に訪れていまして、もぅ10年20年の習慣になってます。

行ける時は15日にもお参りに行っております。

千葉厄除け不動尊

これは管理人が毎年の様に訪れている、千葉県東金市に在る「千葉厄除け不動尊」です。

ここの名物の一つは、何と言っても「縁結び大社」という神社がある事です。

神社の中に、更に中・小の神社が在るという、珍しくはないかもしれませんが、そぅいぅ造りになっています。

2016年には、とある女性誌の上半期の全国縁結びパワースポットの7位になったらしいです。

毎年6月下旬から7月10日頃まで、「七夕願掛け笹くぐり」という縁結び祈願の催し物も開催されています。

一つ目の画像は本堂を遠目からのショットですが、

境内の中には、縁結び大社、七福神巡り、とげぬき地蔵・・・などが在ります。

そして、ここの一番の醍醐味は、「お護摩加持厳修(おごまかじごんしゅう)」という護摩祈願です。

お正月、1月以外も通年通して行われており、普段は一日三回開催されています。

そのお護摩祈願に参加しないと、何しにここをお訪れたのか?という心地になります。

決して大きな神社ではないですが、二時間くらいは時間を潰せる結構面白いスポットですよ。

【 参考動画4項    当ページのBGMを最小にしての視聴をお薦めします 】

[ 縁結び大社  七夕願掛け笹くぐり ]

[ 千葉厄除け不動尊  とげ抜き地蔵様 ]

[ 縁結び大社  恋の願掛け巡り 順路 ]

[ 千葉厄除け不動尊  七福神巡り 順路 ]

自宅部屋のプチ神棚

これは当方の自宅の自分の部屋に祀っている小さな神棚です。厳密には、神棚に仕立てているところ、です。

中央に小さな社(やしろ)を置いています。

画像に写る、左側から、小さめ備長炭2ヶ、蝋燭(ろうそく)立て、黒水晶、清め塩、お香立て、両サイドには造花の榊です。

自宅に神棚を祀る…というのは、神社のミニチュアを自宅に置くという事と同じらしきですね。

会社や自営業などをなされている方が屋内に神棚を祀っているケースは多々ありますが、普通のご家庭で、

自宅に神棚を置いているご家庭はどれくらい在りますでしょうか・・・。

しかし、お正月だけ年に1回お参りに行くよりは、自宅ででも定期的にする方が良いですし、一瞬でも心が清められます。

私は、自宅部屋の北側の壁の大きな棚の頭より高い位置に、南向きに祀っています。

祀っている棚の上面には、四角い紙に赤いマジックで「天」と書いて貼り付けているんですが、

雲よりも高い存在であるという神様に、「ここが天ですよ」と教える為の、自宅等に祀る場合の一つのワザらしいです。

本当なら、画像の様に両脇が棚の木で仕切られて囲われているよりも、筒抜けて仕切られていない方が良いそうですが、

私の自宅の部屋の作りではそれは無理でした。

そして、お社の中にはお札を3つ収めています。

順序は手前から、天照大神のお札、自宅最寄りの神社のお札、そして、当方が生まれた地域である千葉神社の

お札の順番です。

お作法的に、その3つの御札の画像は載せられませんが・・・。

天照大神と最寄りの神社のお札というのは良く聞くかと思いますが、生まれた所のというのは、

産土(うぶすな)と言いまして、生まれた土地の神様を祀るという事がありまして、

この3本柱で祀るというのが基本の様です。それで、千葉市の総本山というべき千葉神社のお札を祀っています。

千葉神社には、三重県の伊勢神宮から配される天照大神の御札が在りますので、

天照大神のはそこでいつも購入しています。

毎月朔日の自宅最寄りの神社への参拝に併せて、毎月朔日には自宅の神棚にも一言お祈りをし、

清め塩の交換、蝋燭を焚いて、お香を焚いて、ヒーリング音楽を流して空気の浄化をしています。

自宅の神棚には毎日、朝と晩にお祈りをするのが良いんですけどね。当方は、朝だけ取り敢えず毎日お参りをしまいます。

簡単には、こんなところです。

墓参りの代替策(?)自宅でお位牌をお参りする

当方は、千葉県の内房地域に在住しております。

そして、当方の両親は共に群馬県出身で、伊勢崎市というところと前橋市というところなんですが、

そう簡単に、行きたい時にサッと行ける距離ではありません。

本当なら毎年、年に1回はした方が良いお墓参りですが、当方は10年以上も行ってない時もありました。

さすがに「先祖不幸だなぁ・・・」と時々考える様になり、何とか、遠方ゆえの代替策などはないものか?

と考える様になりました。

  

色々と検索してみると、自宅に仏壇を用意し、お位牌を祀り、御本尊様をお祀りし、

お供え物を準備して、それをお参りする事で、お墓参りと同義な事をする事になるというところまでを知りました。

色々と教えて下さったのは、プロのお坊さんに無料で質問や相談が出来る、お坊さんQ&Ahasunohaというサイトです。

仏壇は、まともな大きさのものが用意出来ないならミニ仏壇でも構わないとの回答でした。

ただし、御本尊をお祀りすべきとの事で、宗派ごとの御本尊の出来れば小さくても良いから仏像を、

仏像の用意が無理ならば、小さくても良いから掛け軸を用意するのが良いそうです。

  

置く位牌は、自分の直系(自分の姓の系列・大抵は父方の方)のお位牌だけで良いそうで、

望ましくは、毎日、お水を交換してお線香をあげるのが良いそうです。

そして何と!当方は最近知りましたが、お線香は、仏様のお食事だのだそうですね。つまり「ごはん」です。

知らなかった~・・・。

※ちなみに、上記の位牌の画像は、名前の刻印部分はモザイク処理を施してあります。

  

お線香をあげる本数は宗派によって違う様で、厳格ではない様ですが、天台宗は3本なので、

毎朝3本消費するわけにも行きませんから、1本を3つに折ってあげています。それで良いそうです。

そして、念じる念仏は、天台宗は「南無阿弥陀仏」です。10回唱えます。

又、画像を視るとお分かり頂けるかもしれませんが、一番奥には、阿弥陀如来様の小さな掛け軸を貼っています。

お仏壇には本来、宗派のご本尊の仏像を置くのが良いのですが、仏像を置けるスペースまで無い場合は、

掛け軸でも良いそうで、当方の場合は天台宗なので、天台宗の御本尊である阿弥陀如来様の小さめな掛け軸を、

奥の壁にテープで貼り付けました。これは、Amazonネット通販で購入したもので、縦20cm程度程の小さなもので、

値段も¥2000弱とお安く買えます。

  

ロウソクは、火を焚く事なので、そんなに頻繁には出来ないため、月初だけです。

又、神棚とは違うので、その上にもまた棚がありますが、そこには物が置いてありますが、

画像を撮ってお坊さんに見せたところ、問題ないそうです。

  

ここまで来ると、お気付きの方も居られるかもしれませんが、

要するに、自宅に仏壇が有るご家庭ならば、それに向かってお参りすれば良い事で、

hasunohaサイトで相談に乗ってもらったお坊さんによると、それでお墓参りと同義であるらしく、

当方が自宅部屋の北側の壁の大きな棚の一角に設けたものは、そのミニチュア版です。

  

ともかくも即席で用意した感がありますが、厳格な決まり事ではなく気持ちの問題という事らしきですが、

今まで大してまともにご先祖様を思う事、ご供養に無頓着気味でしたから、これで何とか偲ぶ事も出来るかなと・・・